2020京大生協新入生web
 · 

#15 試験について

こんにちは!新入生サポート事務局、工学部新2回生のサクマです。今回は『試験』についてお送りします!試験なんてまだ先のこと、と思っていませんか?確かに前期の期末試験が行われるのは7月下旬です。しかし、試験のことを何も考えずに時間割を組み履修登録を行うと、試験期間に苦しむことになるかもしれません。試験で失敗しないように今のうちから少し知っておきましょう!

 

■成績評価

成績評価の方法成績は平常点や小テスト、レポート、期末試験など様々な要素によって決められ、60点以上で単位を取得できます。また、成績によってコース分けなどを行う学部もあるので、その場合は単位の取得だけでなく高得点をとることも重要です。成績の点数配分はシラバスに載っており、期末試験がないものから期末試験100%のものまで様々な形式があります。この成績評価の方法を見ずに履修登録を行うと、気付けば試験の割合が高い講義ばかり取ってしまっていて、試験前に膨大な勉強をすることになるかもしれません。小テストや平常点の割合が高い講義や、試験がなく、レポートによって成績がつく講義をいくつか取るようにすると、試験期間の負担が軽減されます。

 

■過去問

過去問を入手できると試験勉強に役立ちます。過去問と全く同じ問題が出ることは稀ですが、試験勉強の指針になります。過去問はインターネットで調べたり、先輩にもらったりして集めることができます。過去問を集める試験対策委員(シケタイ)を決めるクラスもありますが、その人に頼りっきりになるのではなく、必要なら各自で探しましょう。

 

■試験の時間・場所

期末試験が行われる時間や場所は試験期間前に京都大学教務情報システム(KULASIS)や授業などで発表されます。基本的に講義と同じ場所、時間ですが、異なる場合もあるのでしっかりと確認しましょう。講義によっては試験期間外に期末試験が行われる場合もあるため、注意が必要です。

 

■フィードバック期間

試験が終わった後の一週間はフィードバック期間と呼ばれ、講義の振り返りを行う期間となっています。研究室に教授が待機し、質問を受け付けるという形式が多いです。一方、講義によっては、フィードバック期間に試験やプレゼン発表を行うこともあります。フィードバック期間の情報も試験期間前にKULASISなどで発表されるため、そこで確認を行ってから予定を入れるようにしましょう。今回のメルマガは以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!次回は経済学部新2回生のビヨンドが『教職』についてお送りします。お楽しみに!

 

---------------------------------------

メルマガ運営担当

Mail: KUshinsapo2020@gmail.com

※メールでのお問い合わせへのご回答は日数を頂く場合があります。

---------------------------------------

 

 

京大生協からのお知らせでした。