2019京大生協新入生web
 · 

春休みの過ごし方について

こんにちは! 新入生サポート事務局、文学部新2回生の獅子神です。

今回は『春休みの過ごし方』についてお送りします! 

 

■勉強を続けよう! 

 長かった受験生生活が終わり、皆さんは勉強からの解放感に浸っているところだと思います。しかし、勉強の習慣が残っていて時間が沢山あるこの春休みは、大学に向けて好きな勉強に集中できる絶好のタイミングなのです! 興味のある分野や所属学部に関係する本を読んだり、受験で勉強しなかった科目に触れてみたりするといいかもしれません。ちなみに私は、4月から第二外国語として始めるロシア語に関して、テレビ講座や参考書で予習をしていました。

 また英語の勉強は好き嫌いに関わらず続けることをオススメします。多くの人は大学でも何らかの形で英語を使います。新入生は4月にTOEFLを受けることになりますが、そこで自分の英語力の低下に愕然とする新入生が毎年いるとか……。受験で身につけた知識が残っている今のうちに英語力を固めておきましょう! 

 

■遊ぶ時間も大切!

 真面目な話もしましたが、受験が終わった今はやっぱり遊びたいですよね! 大学生活が始まると、それまでの友達と会える機会はぐっと減ってしまいます。地元を離れる人はこれまで住んでいた町で過ごせる時間も残りわずかです。地元の友達やお世話になった人たちに会いに行ってはいかがでしょうか? 春休みのうちに思い出を沢山作っておくといいですよ。

 1人で趣味に没頭するのもいいでしょう。受験を頑張ったからこそ、我慢していたことに夢中になる感慨も大きいですよね。私は漫画を大人買いして一気に読んでいました(笑)

 

■下宿生を始める方へ

 下宿生活を始める人は生活のノウハウを親御さんから学ぶのもいいかもしれません! これまで家事は家族に任せきりで、何から始めていいか分からないという人は多いのではないでしょうか……? 家事の不安をなくして、気分良く新生活が始められるといいですね。

 

 こんなに長くて自由な休みは久しぶりで、何をしていいか分からなくなっている方もいると思います。そんな時はこのメルマガを参考にしてみてくださいね。春休みを有意義に過ごして、大学生活へ良いスタートを切りましょう! 

 

 

今回のメルマガは以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました! 次回は工学部新2回生のタダダイが『京都の観光地』についてお送りします! お楽しみに! 

メルマガ運営担当

Mail: kyodai.shinsapo@gmail.com

※メールでのお問い合わせへのご回答は日数を頂く場合があります。

京大生協からのお知らせでした。