2017京大生協新入生web

やったね袋請求はこちらから

加入手続BOOK関連申込はこちらから

学びBOOK関連申込はこちらから

新生活用品申込はこちらから

新入生メルマガはこちらから

Twitter

京大生協の保障制度・プラン

各保障制度・プランについて詳しくはこのパンフをご覧ください

初めての「リスクリテラシー」をお手伝いする京大生協の保障制度

お手伝いポイント ❶大学生だけの保障制度

 学生総合共済は、実際に大学生活で起きているさまざまなリスクに過不足なく対応した「大学生のための保障制度」です。こども向けや一般成人向けの共済・保険とは異なり、「大学生が学業を継続するために必要な保障は何か」を考えた制度となっています。学業継続への影響が大きい長期入院、扶養者死亡の場合にも保障があります。
 また、ケガや病気をすると治療費が増えるだけでなく、アルバイトができないため収入が減るなど、日々の生活費を圧迫します。こうした大学生活の実態に対応して、治療費実費の保障ではなく、食事代、タクシー代、収入の補填などを想定した定額での保障となっているのです。

お手伝いポイント ❷学内で気軽に相談・手続!

 生協の共済・保険は学内にある「組合員センター」が窓口なので、学内で気軽に、学生本人が相談できます。自分のことはまず自分でやってみる、の一歩をお手伝いします。


お手伝いポイント ❸予防・提案活動を行っています

 リスクに備えたとしても、事故や病気に遭わないのが一番!京大生協では予防活動にも力を入れています。

お手伝いポイント ❹共済はたすけあいの制度

 学生総合共済は、誰かが「健康で安全な学生生活を送り、学業を継続する」ことがピンチになったとき、「お見舞金を贈る」ことを通じて励ましたすけあう制度です。まずは「自分のため」ですが、もう少し視野を広げて「仲間」のことも考えてほしいのです。ここがいわゆる「保険」とは大きく異なるところです。1人でも多くの京大生が学生総合共済に入ることで、このたすけあいの輪をより強く大きくすることができます。さぁ、ぜひあなたも!

 

「たすけあいの声」が届いています!

今回は共済金をいただき、ありがとうございます。これからもお互い、助け合っていきましょう。
(クラブ練習中に相手と接触して顔面打撲/134,000円給付/2回生)

スポーツに打ち込めているのも、共済金を贈ってくださるみなさまのおかげです。
ありがとうございます。
(クラブ練習中に肉離れ/36,000円給付/3回生)

みなさんのおかげでケガを恐れずに部活動ができます。
(クラブで走っているときふくらはぎ挫傷/140,000円給付/4回生)


すべての京大生に必要な保障を『おすすめプラン』にしました

すべての京大新入生におすすめするプラン

リスクに備える保障 おすすめプラン

健康で安全な学生生活を送り、学業を継続するために必要な保障をおすすめプランとしました。

★各保障をクリックで詳細表示

必要に応じてお選びください

ひとり暮らしの方で契約した賃貸物件に指定の火災保険や類似のサービスがない場合

★各保障をクリックで詳細表示

扶養者の保障がない方、強化したい方に ★クリックで詳細表示

すでに加入されている他保険がある場合

すでに加入されている他の保険・共済があっても、「生命共済」への加入をおすすめします!

そのわけは…

● 掛金がムダにならない!
他の保険から支払われても、「生命共済」は減額されずに給付されます。すでに加入されているものに加えて加入いただくことで、さらに手厚い備えをすることができます。

● 充実の保障なのに掛金が小さい!

1年間12,800円(1ヵ月あたり約1,067円)と少ない掛金のため、保障を充実させても、経済的なご負担を抑えることができます。

医学部医学科の方は、学部から加入が義務付けられている医学部向けの保障制度があります。そちらの案内を確認されたうえで、加入をご検討ください。

掛金・保険料