2017京大生協新入生web

やったね袋請求はこちらから

加入手続BOOK関連申込はこちらから

学びBOOK関連申込はこちらから

新生活用品申込はこちらから

新入生メルマガはこちらから

Twitter

京大生協お薦めモバイルパソコン

パソコン選定会の結果、生協はなぜこの機種をお薦めするのか?!

★クリックで詳細ページを表示


京大生のためのモバイルパソコンのポイント

ポイント1 4年間充実した保証サポート

(1)安心の4年間保証
(2)4年間のパソコン動産保険つき。修理時に無料で代替機の無料貸し出しも行っています。

(3)困ったらとにかく生協のお店で修理や相談ができます1年間の電話無料相談サービスもついています。
(4)購入者向け無料パソコンセットアップ講習会やパソコン無料点検会を行います。
(5)「パソコン活用講座」とセット申込みで活用も進みます。「パソコン活用講座」からの情報活用や
ITスキルUPのための「日経パソコンEdu」4年間利用アクセス権をつけています。

生協の『4年間パソコン動産保険』

生協の『4年間パソコン動産保険』とは、万が一の被害に備えるパソコンのための動産保険です。対象は「破損」「水濡れ」「盗難」「火災・天災」「海外」までカバーしています。東芝は免責が発生しませんが、AppleやPanasonicは保険適用の修理の場合1回あたり5,000円の自己負担金が必要です。修理は保証範囲内で何回でも可能です。

ポイント2 

京大生の基本ソフト「Office」の最上位Editionを標準でお付けします京都大学とMicrosoftの包括契約に基づき、京大生協が公費と個人利用のライセンスの管理・販売を行っています。
京大生には4年間格安でOffice365サービスをご提供しています。
京大生協オリジナル《京大生のためのパソコン2017》にはOffice365最上位Editionのソフトウェアをお付しています。

ポイント3 京都大学「BYOD化」に向けた機種を先輩と選んでいます

京都大学では《BYOD化》がすすんでいきます。学生は自分のパソコンを大学に携帯して、授業や講義に参加する予定です。学年が上がればパソコンの持ち込みは多くなりますが、その時軽いことと学部で必要なパフォーマンスのバランスが重要になります。これからは、「BYOD化」にむけたパソコンを選ぶ必要があります。京大生協のお薦めするパソコンは京都大学【大学推奨パソコン端末仕様】(平成29年度)にすべてクリア

し、「軽さ」と「パフォーマンス」と「リーズナブルな価格」にこだわったパソコンです。

voice

法学部 新3回生
宮田大督さん

東芝V72をお薦めします

京都大学に入ったらBYOD化に伴いレポートや英語のリスニング課題などで必ず自分のパソコンが必要になります。その上でかなり気になるのが、4年間安心して使えることと、不便に感じないこと。この点で東芝V72は4年間修理費無料(免責も無料)、重量1.1㎏で持ち運びも楽々、バッテリー稼働は17時間、メインパソコンとしても使えるハイスペックで、困ることはありません。「TruNote」など豊富なアプリケーションで毎日の授業でも活用できます。私は東芝V72をお薦めします。


東芝V72の魅力

学びの「考える」プロセスと東芝V72搭載『TruNote』の活用

 

便利なアプリを使いこなせば、思考の深化も整理もお手のもの!

 

★詳しくは東芝TruNoteのサイト

★製品詳細はこちらのページ