2019京大生協新入生web

医学部医学科の学生のためのご提案

京大医学科生に聞く!こんな場面でタブレットが役立つ!

学ぶことがいっぱいの医学科生。

6年間の学びの中で、授業・レポート作成・臨床実習・国試対策など、様々な場面でタブレットを活用している医学科生が実は多いんです。そこで、京大生協では、タブレットを有効活用している医学科生(4回生~6回生)に詳しく聞いてみました!

  どんな場面で? 先輩はこう使っている!
1回生    ・英語の発音練習のアプリやTOEFL、TOEICの勉強する際のフリーソフトを活用しています。
・エバーノートを読書録として使用しています。読んだ本の印象に残った箇所を記録して、タグをつけて検索できるようにしています。
2回生 専門科目 

授業の予習・復習のときに。

・講義資料をPDFにタブレットで管理しています。紛失することもなく、書き込みもできるので、便利です。 ※2018年4月より、京都大学医学部医学科では、講義レジュメのオンライン配信がスタートしています。

・毎回、授業に分厚くて重たい専門書を持っていくことがつらいので、電子書籍やアプリをタブレットにダウンロードして持参しています。

・解剖学の勉強をする時に、アトラスのアプリや電子書籍だと、画像や写真が鮮明に見ることができるので、すごく分かりやすいです。

・解剖実習に役立つアプリをタブレットに入れて、予習・復習しています。周りの友達もこのアプリをダウンロードしています。

3回生

論文を読むときに。

・分からない語句があった場合、今までなら、辞書で調べて、ノートに書き込んでいましたが、タブレットがあれば検索も書き込みもこの1台で完結できるので便利です。

・メモを書いたり、線を引いて、ポイントを押さえるようにしています。

・机に専門書と授業レジュメを広げていましたが、タブレットを使うことで、一気にスペースがコンパクトになりました。

4回生

CBT(共用試験)

※臨床実習開始前に全国の医科大学・大学医学部の学生を対象に行われる評価試験です。 

・CBTの過去問を解くときに使っています。タブレットだと、すきま時間に気軽に勉強できるので、便利です。 
5回生   臨床実習  ・カンファレンス中に略語が分からなくて、タブレットで検索していました。アトラスやガイドライン、授業のレジュメをPDFにしていたので、実習の時も役立ちます。
 ・Apple Pencilを持っていたので、手軽にメモや記録を残せて、外科のアトラスを参照するときにも使いました。
6回生  医師国家試験対策  ・オンライン講義を聞いたり、国試対策アプリを使って、繰り返し勉強しています。

先輩医学科生の声

 医学を勉強するにあたり、覚える量がとにかく膨大で、しかもその情報はpdfや紙で配られるレジェメや教科書、臨床実習中に自分で書いたノート、論文やガイドライン、など様々な媒体に散在しています。また、上回生になって、改めて下回生の頃のレジェメを見返すと、当時はその重要性が理解できなかったけれども、如何に情報がまとまっているかに気づくこともあります。その時々に学んだことを無駄にすることなく、後々の復習のために保存し、手軽に見ることのできるツールとしてタブレットはとても便利だと思います。

 

医学部医学科現5回生 上戸壽さん

私はタブレットを2つの場面でよく利用しています。1つ目は、教科書や図説、論文などを読むときです。重たい教科書や図説を毎日持ち歩かなくても、タブレット一つでそれら全てを見ることができ、また、例えばタブレットで見る解剖学の図説は、血管だけを表示させてその血管の走行を追っていくなど、非常に自由に勉強することができます。

2つ目は、オンラインで国家試験対策のビデオ講座を見るときです。病院実習などの空き時間に、タブレットでビデオ講座を受講したり、タブレット上でテキストに書き込みをしたりして勉強しています。

医学部医学科現5回生 喜多村恭平さん


医学部医学科の皆さんにおすすめ!

 

■予習・復習、レポート作成・臨床実習・国試対策…と医学科6年間の学びに大活躍!

 

iPad +Apple Pencil

+電子書籍「医学生スタートセット」(永年版)

生協組合員価格 66,728円(税込)

医学科生にiPadをおすすめする3つの理由

①大量の配布資料もデータ化してiPadで保管!

医学科では多くの知識を学ぶので、授業時にたくさんの資料が配布されます。こまめに整理しないとカバンが重くなり、時には紛失してしまうこともあるようです。

iPadにデータ保管しておけば、上回生になってもすぐに見返すことができます。

②レジュメをダウンロードしたiPadを授業に持参!Apple pencilで書き込みもOK!

2018年春より、京都大学医学部医学科では、授業レジュメのオンライン配信を推進され、BYOD化が進んでいます。授業中に気になったことは、Apple pencilで書き込みをすることで、オリジナルのノートとしても使えます。

③分厚くて重い専門書も電子書籍をダウンロードすれば、持ち運びも楽!

医学書は他の専門書に比べて、分厚くて重いものが多いです。そのため、電子書籍版をダウンロードして、自宅で予習復習する時は紙書籍、授業時は(電子書籍をダウンロードした)タブレットを持参する医学科生もいるようです。


電子書籍「医学生スタートセット」のご紹介

■医学の道へようこそ。まずは読んでほしい2冊。

「たろう先生式医学部6年間ベストな過ごし方」(羊土社)

医学部6年間で何をどう学ぶかをまとめた医学部ガイド本です。医学部入学から6年生(+α)の道のりを著書の志水先生と医学部生が対話をしながら深めていきます。「医学部とは」が実体験と共に詰まっているので、これからのキャンパスライフの参考として読んでいただきたい本です。

今の医学生に必要だと感じる教育内容のなかで、授業では学べないかもしれない、でも大事な内容を“ウラのカリキュラム”的に書いた1冊です。

「平静の心」(医学書院

臨床医・研究者・教育者として生き、今日の医学教育の基礎を築いたウィリアム・オスラー博士の講演集です。

講演は約100年前のものですが、その内容や精神は現在も色褪せることなく、医療者にとって大切なことを教えてくれます。

オスラー博士を師と仰ぐ、訳者の日野原重明先生は、本書を「医の真髄を語るもの」としています。

医師・看護師はもちろんのこと、これから医療の世界にはばたこうとしている医学生の皆さんにぜひ読んで欲しい1冊です。

「第2外国語辞書コンテンツ(ドイツ語/フランス語)」のご紹介

第2外国語の辞書をタブレットにダウンロード!

 

第2外国語辞書コンテンツ(ドイツ語/フランス語)

生協組合員価格 3,780円(税込)

※こちらはオプション商品です。

希望の語学辞書コンテンツを選択して下さい。

※電子書籍「医学生スタートセット」、「第2外国語辞書コンテンツ(ドイツ語/フランス語)」について

タブレット・パソコン・スマートフォンにダウンロードしてご使用していただく商品です。(電子辞書にはダウンロードできません。)

この商品は、ご自身でダウンロードしていただく商品です。店頭にて、ダウンロードクーポンのお渡し、ダウンロード方法をご案内します。

Varsity Wave eBooks

Varsity Wave eBooks(ヴァーシティ・ウェーブ・イーブックス)は、大学生協が運営する教材ビューアプリです。専用サイトでの無料会員登録と、アプリをダウンロードすることで、専門書を中心とした電子教材をご利用いただけます。

 

おすすめポイント

  • デバイス3台まで閲覧できます!
  • 専用ビューワーで複数コンテンツの同時検索も可能です!