2019京大生協新入生web

おすすめ期日 3月22日(金) 最終期日 3月31日(日)

大学では勉学・研究のための電子辞書が必要です

高校生と大学生の電子辞書の違いとは?

■英語辞書の専門的な語彙数の違い

大学で使用される英語は専門的な語彙になります。高校用の辞書では引けない用語がたくさんあります。

■第2外国語に対応しているかの違い

大学では英語以外の第2外国語の授業が必須です。

■TOEICやTOFELなどの検定学習の機能の違い

就活や院進学にも有利な検定学習が電子辞書でできます。

■課題・レポート作成に役立つかの違い

最新版の理化学辞典など専門辞書が活用できます。


高校モデルと大学生モデル 調べ方が同じでも、結果はこんなに違う!

高校モデル VS 大学モデル 電子辞書引き比べ!

学年が上がれば上がるほど英語文献や専門英語論文を読む機会が増え、大学モデルの電子辞書でないと引けない語彙や用例が多くなります。京大の英語学習には大学モデルの電子辞書をおすすめします。

先輩京大生による「引き比べ」

高校モデルの電子辞書で、京大の実際の授業や講義の英語テキストや英語文献で引き比べ。

本コンテンツは準備中です

国際高等教育院 金丸 敏幸 先生
国際高等教育院 金丸 敏幸 先生

大学で求められる「アカデミックライティング」

 

京都大学では入学後、英語でアカデミックライティングを学びます。アカデミックライティングでは、これまでの英作文とは違い、論理的な文章の組み立て方や、文脈にふさわしい語句を選んで表現するスキルを学習します。そのためには、類語(Synonym)や連語関係(Collocation)の知識が求められます。大学での英語学習には、高校まではあまり使うことのなかった類語辞書(Thesaurus)や多数の用例が載っている活用辞書など、複数の辞書を目的に応じて使いこなせることが必要になってきます。電子辞書は多数の辞書を一括して引いたり、気になる言葉を次々に調べていったりすることができるので便利です。電子辞書をしっかりと使いこなすことで、みなさんの学術研究、学習に必要な英語力を身に付けて欲しいと思います。

京大での勉学・研究にフィットした2機種

京大生協の大学モデルの3大おすすめポイント

(1)大学生協の特別価格

上位モデルに匹敵する内容を大学生向け価格でご提供。

追加の第2外国語コンテンツもアカデミック価格で大変お得です。

(2)安心の在学4年間保証

通常のメーカー保証プラス、在学中(最長4年間)の故障修理を保証する安心な保証です。

(3)修理代も学割価格

通常保証外の液晶割れや水濡れは学割料金で修理対応。

学内にある生協店舗から修理に出せます。