2019京大生協新入生web

京大でのパソコン活用

学年が進むにしたがってパソコンの使用頻度や重要性も高くなってきます。

長く付き合うパソコンだからこそ、適切な製品をお選びください。

生協では、学内の環境をきめ細やかに把握し、動作検証を行い、大学の「パソコン推奨仕様」に準拠し、大学4年間使用できる京大生に最適なモデルをご提案しています。

理学部大学院  修士新1回生 林 優作 さん
理学部大学院 修士新1回生 林 優作 さん

先輩の声

 

京大生のOffice活用

僕は1回生の4月に英語の授業で、Wordで課題を提出するように教師に突然言われました。1回生のうちから大学の課題をこなして行くためには、Word、Excel、PowerPointなどのOfficeソフトを問題なく使いこなせることが今や必須条件になっています。最近ではExcelで実験データの解析をしたり、Wordでレポートを書いたり、セミナーでのプレゼン発表のスライドをPowerPointで作ったりするために、ほぼ毎日Officeを使っています。京大生協が販売しているOfficeの包括ライセンスはとても安く、僕も現在のパソコンに買い替えた際にはお世話になりました。おかげで今も最新版のOfficeを使えています。

Microsoft Officeの購入はしばらくお待ちください!

京都大学ではマイクロソフト社と製品利用に関する包括契約を締結し、京大生協が業務委託契約に基づき、ライセンスの管理、販売を担当しています。京都大学に所属する学生は、格安でマイクロソフトOffice365ProPlusを利用することができます。

価格は1ヵ月あたり108円(税込)。在籍期間中の利用料金をお支払いいただきます。入学時にお申し込みいただくと、5,814円(税込)で4年間ご利用いただけます。

このライセンスは5台のPC、5台のタブレット、5台のスマートフォン等に導入可能。ご自宅でお持ちになっている家族共用のPCにもインストールOKです。

※生協おすすめパソコンには、このライセンスが付属しています。Office単体のお求めは生協各購買部に学生証を持参ください。