2019京大生協新入生web

TOEFLについて

なんで私たちって英語なんて勉強してるんだろう。日本で生きていくだけなら必要ない気がするし、何なら同じ言語でもC言語の勉強してたほうが良くない?


ミヤコちゃん、何を言っておるのじゃ……。でも確かに、拙者も英語がさっぱりなんじゃ。先輩殿、英語なんて勉強しなくてもいいのではないか?


それは違うぞ、将軍君。英語は世界中の人とコミュニケーションを図るツールなんだ!!一体地球上に人類はどれだけいると思っている?


35億!!!!


35億!!!!


それはいつのネタなんだ、しかも間違えてる……。G○○gle先生によると74億人もいるそうだよ。その中で一番話されているのが英語なんだ。だから、英語は結構大事なツールなんだ。それに新入生は4月と12月にTOEFLを受験するんだよ?


と、豆腐流……? 何なのじゃ、それは? 新しい剣の流派か?


……。TOEFLとは国際的な英語の技能試験の1つで、留学の際にも使われることがある大事なテストなんだ。TOEFLには種類があって、読む、聞く、書く、話すの4技能を測るiBTや、リスニング、文法、リーディングの能力を測るITPとかがあるぞ。君たちが受けるのはITPの方だよ。。


4月と12月にTOEFL ITPがあります!

  • TOEFL ITPの結果は留学の要件に使われることもあるので、甘く見てはいけません!
  • また、広く認められているのはiBTのスコアです。本格的に留学を志望する場合にはiBTの受験も考えてみてください。

えーっ!? そんな大事なテストが4月にあるんですか!? あぁ、どうしよう……。


拙者、留学する予定はないのだ。休んではダメなのか?


とんでもない!!!! TOEFLを受けないと授業が履修できなくなったり、成績が不利になることがあったりするんだ。だからサボるなんてもってのほかだよ!


TOEFL ITPはちゃんと受けよう!

  • 4月にあるTOEFLを受験しなかった場合、後期の英語ライティング&リスニングが単位認定の対象外となります。
  • また、12月にあるTOEFLの結果はダイレクトに英語ライティング&リスニングの成績に入るので注意しましょう!

ちなみに、どんなテストなんですか?


TOEFL ITPはリスニング・文法・長文読解の3つのセクションに分かれていて、制限時間も3つそれぞれで決められているんだ。問題文の内容はどれも学術的なものが多いよ。


そんなことより楽に点数を取る方法を教えてほしいのじゃ。


そんな方法はないよ。TOEFLだってあくまで英語の技能を測る尺度に過ぎないし、日頃からちゃんと勉強することが大事なんだ。


そうは言ってもコツみたいなものはあるんじゃないですか? もったいぶらないで教えてくださいよー。


うーむ、そうだなぁ。リスニングはとても速いから一度聞いてみるといいかもしれんな。


TOEFLは英語の技能を測るための一つの尺度

  • 日頃からコツコツ英語の勉強をしておきましょう!
  • リスニングは一度聞いておくと本番余りの速さにびっくりすることを防げるのでおすすめです。GORILLAでサンプルテストを受験できるので試してみてください!

結局勉強ではないか! 他に何かないのか?


うん、マークシート方式だからシャーペンより鉛筆の方が速く塗れるというのはあるかな。分量が多くて恐らく時間が足りないだろうから、少しでも時短したいところだよ。


なるほど。参考にさせて頂くぞ。


私は頑張って勉強します!


最後に

英語はしっかりと勉強しておこう!

  • TOEFLのみならず、京大の授業ではリスニング教材をやってくることが必須である教科やすべて英語で行われる授業などがあります。
  • また、専門書や論文のうち、最新のものは英語で書かれていたり、さらには大学院の試験で英語が課される場合もあったりと、英語はこれからも必要なものとなります。英語の勉強はしっかりとしておきましょう!

京大生協新入生サポートWebには以下のようなページもあります。合わせてご覧ください。

合わせて読みたい