2019京大生協新入生web

時間割作成について

来週からいよいよ授業が始まるねー。えーっと、授業の時間割は……あれっ? 時間割表って配られてたっけ?


そういえばまだ見てないような……。そもそもどんな授業があるのか全く聞いてないし、教科書とかもどれを買えばいいのじゃ?


まだまだだね、ミヤコちゃん、将軍君。大学生なら、時間割くらい自分で作らないと


え、時間割を作っちゃうんですか?


時間割は自分で決める!

  • 大学の科目には、高校までのような決まった時間割は存在しません。自分が受ける科目を自分で決めて、時間割を作成します。
  • 卒業要件(卒業までに必要な履修科目の条件)とシラバス(科目の授業計画書)を熟読すると共に、自分の興味や週間の予定に合わせて考えましょう。

まずはKULASISにログインして「時間割作成」のページを開くよ。そして、そこに出てくる時間割表に、自分の受ける科目を入れていくんだ。


もうすでに入っているものがあるのじゃが……?


それは「クラス指定科目」だよ。学部によって扱いが違うから注意が必要なんだ。


クラス指定科目とは

  • クラス指定科目は大きく2つに分けられ、必ず履修が求められる「必修」と、同じ内容を受講する学生の人数調整のための「時限指定」があります。
  • 時限指定の科目は「履修するならばこの時限での受講を求める」というもので、その扱いは学部によって異なります。(「ほぼ必修で、履修しなければ後々不便になる」ものもあります。) 実際に履修するかどうかは卒業要件なども鑑みて自分で判断してください。

クラス指定科目以外は、自分で好きな科目と時間を選べるんだね。


拙者は歴史に興味があるから……、あれ、「西洋史I」が3つもある。よし、全部入れておくぞ。あっ、「東洋史I」も3つか。これも全部入れようっと……。おお、夢みたいな時間割なのじゃ!


ストップストーップ! 同じ名前の科目は複数取れないよ! 「西洋史I」も「東洋史I」も1つまでにしないと。


履修は計画的に!

  • 興味のある科目に専念したい気持ちは分かりますが、各学部・学科の卒業要件をよく確認して、後になって困ることが無いように気をつけましょう。
  • 同じ名前の科目は複数同時に履修できません。しかし名前が同じ科目でも、その内容は教員によって異なる場合があります。シラバスを良く読んで選びましょう。

特殊な科目に注意!

  • 一部の科目では、「履修制限(希望者から履修許可者を抽選などで決める)」「予備登録(履修登録期間より前に申込が必要)」「通年(前後期続けて履修する)」「隔年開講(2年に1度開講される)」などの特殊な条件があります。事前によく確認しておきましょう。

無理は禁物!

  • 1回生前期の失敗談として、「科目が多すぎて期末試験・レポート全てに手が回らなかった」ということがよく聞かれます。科目履修には、講義への参加だけでなく予習復習も大切です。計画的な履修を心掛けましょう。
  • 学部・学科によっては、半期で履修できる科目数(単位数)を制限する「CAP制」が設けられていることもあります。

仕方ないのぅ、他には……、おっ? 「スポーツ実習」なんてものもあるのか。


出来た! 私は金曜日を思い切って空白にしてみたよ。これで毎週3連休だわーい!


この先が心配だ……。


最後に

先輩の情報にも注意!

  • 今年の履修登録のシステムは去年までとは異なります。先輩が把握しきれていないこともあるので、自分自身で確認するのを忘れないようにしましょう!

時間割作成は4月2日(火)から!

  • 授業開始日(4月8日(月))までに一度時間割を作っておきましょう。
  • その後の履修登録も忘れずに!

分からないことがあれば「勉学相談会」へ!

  • 4月2日(火)・3日(水)・4日(木)・6日(土)に「勉学相談会」が実施されます。時間割作成や履修登録、KULASISの使い方についての疑問を先輩に直接尋ねられるチャンスです! 詳しくはこちらから。

あわせて読みたい