2018京大生協新入生web

入学準備説明会来場予約はこちら

加入手続BOOK関連申込はこちらから

学びBOOK関連申込はこちらから

新生活用品申込はこちらから

新入生メルマガはこちらから

Twitter

成績評価について

おお、キョウスケ君にミヤコちゃんじゃないか! どうだ? ねこじゃらしサークルへ入る決意はできたか!?


誰も入るって言ってないですよ……? 大学生活はとにかく良い感じに送ることが出来たら良いですから、僕は。


入学当初、君みたいなことを言っていた奴が、気がついたら大学からいなくなっていった事案を幾つも知っているよ……。もしや、キョウスケ君、京大では単位も簡単に取れると思っているのではないだろうな?


え、単位って降ってこないんですか?


のんびり授業聞いててもいい成績とれるんじゃないんですか?


そんなわけないぞ......。大学でももちろん、高校までにもあった期末試験があって、単位を取るにはそれで良い成績をとる必要があるのだ! さらに、試験の代わりにレポートや日々の授業への参加度で成績が決まるものもあるぞ!


成績評価を知るためにもシラバスを確認!

  • 授業形態が科目によって、大人数で受ける講義であったり、少人数制であったり、実験であったりするように、成績評価も科目によって異なっているので、科目ごとにシラバスを確認する必要があります。忘れないようにしましょう。

複数の項目から最終成績が決まる科目も!

  • 「平常点20%、レポート30%、期末テスト50%」のように、複数の項目から成績が判定されるものもあるので注意が必要です。

テスト科目とレポート科目、バランスよく!

  • 多くの科目は期末テストの比重が大きいものと期末レポートの比重が大きいもの(テスト科目とレポート科目)に分けられます。
  • テスト科目に偏ると学期末のテスト勉強が大変に、レポート科目に偏ると学期末にレポートをたくさん書かなければならなくなり大変になります。両者の比率を考えるのも大切です。

京大にはいろんな成績の評価の仕方があるんですね。


KULASISのシラバス上に載っておるから、時間割作成のときにしっかり確認しておくのだぞ。


でも、京大では単位を簡単にとれるって聞いたことがあるんですけどねー。


そんな噂を鵜呑みにしてはいかん! 残念ながらそんなことはなく、しっかり授業に出てテスト勉強しないと平気で単位を落としまくるぞ。成績評価の方法もちゃんと見て、テスト科目とレポート科目の比率も考えないといけないぞ。


そうなんですね、貴重な情報ありがとうございます! いやぁ、それだけ色々知ってる、っていうことは、先輩は単位なんて落としたことないんですよね?


よし、サークル行こうか……。


……。


最後に

GPAとは

  • 上では触れませんでしたが、GPA、Grade Point Averageという評価もあります。中学や高校の時に、通知表に1~5の段階等の評価があったように、大学でもそれに似た評価がなされます。
  • 全学共通科目では、A+:96~100点/A:85~95点/B:75~84点/C:65~74点/D:60~64点/F:60点未満の6段階評価であり、それぞれのGPは4.3/4.0/3.0/2.0/1.0/0.0となっています。(専門では違う場合があります。)GPAとはそれぞれのGPに当該科目の単位数を掛け、その総和を履修総単位数で割った値のことです。

成績評価にも気を付けよう!

  • 成績評価によって奨学金がもらえるかどうかや専攻の配属が決まったりするので、単位を取るだけじゃなく、良い成績をとることも重要です。
  • KULASISではシラバス検索ができます。成績評価も科目によって違っているので、科目ごとのシラバスを確認する必要があります。
  • 必要単位数は全学共通科目履修の手引きや各学部の便覧に書いてあるので、それを満たすように時間割を組み、単位を取るようにしましょう!

あわせて読みたい