2017京大生協新入生web

やったね袋請求はこちらから

加入手続BOOK関連申込はこちらから

学びBOOK関連申込はこちらから

新生活用品申込はこちらから

新入生メルマガはこちらから

Twitter

服装について

 

「ん、ミオか。おっすおっす」


 

「……」


 

「どうしたん? 一目惚れ?」


 

それはない……あの、私の勘違いだったらごめんなんだけど…ヒキヒコ君っていつも同じ服着てない?」


 

「ナイス即答……あぁ。よくある話だけど、同じ服装が7セットあるからな」


 

「え、すごい! やっぱり大学生ってみんなそうなのかな? みんないつ見ても似たような服装しているからきっとそういうことなんだなって納得できる!」


 

「そうそう。常に同じ服着てたほうがキャラクターとして動かしやすいしな」


 

「あまりにひどい会話が聞こえるなぁと思ったらやっぱり君たちだったかー」


 

「あ、先輩。こんにちは。そう言えば先輩もいつも同じ服ですね!」


 

「うん、いつも同じ服装を着ているのではなく、僕らが会う時はたまたまみんな同じ服なんだ、って脳内補完しておいてほしいです」


 

「何を言ってんすか」


 

「それはさておき、二人とも服はどれくらい持ってるのかな?」


 

「えーっと…私は上に着る服が7,8着くらいで、下に着るのが5,6着くらいですかねー…」


 

「うん、オシャレとか別にしても最低でもそれくらいあると安心かなー。でも雨が降ったり面倒くさかったりで洗濯物が溜まっちゃうこともあるから、もう少し多めに持っておいても良いと思うよー」


 

「俺は今来てる服以外だと…紋付袴とポンチョとキルトくらいですかねぇ」


 

「確かにそういう自分なりのオシャレをしていくのも大学生活の醍醐味ではあるけどね、もうちょっと実用的な服装もとりいれていこうか。キルトっていつ着るんだよ」


 

「んーと、実用的って言うと? 作業着ってことですか?」


 

「確かに実用的ではあるけど。……例えば今は春だけど、何だかんだ寒い日が割とあるからねー。アウターを持っておくのをオススメするよ


 

「(アウターってなんだ……高度なファッション用語か……?) ※上着のことです」


 

「私なんかに似合う服があるとは思えませんが……今度服屋さんで探してみます…」


 

「ミオはチマチョゴリとか似合いそうだな! 今度一緒に見に行こうぜ!」


 

「君は一旦民族衣装から離れようか」


まとめ

服は最低でも上7着、下5着は欲しい!

・洗濯物がたまってしまうことも懸念するなら、少し多めに持っておくのがおすすめです。

季節に合った服装を!

・京都は寒暖の差が激しいので、それに適した服装を用意しておきましょう。