2017京大生協新入生web

やったね袋請求はこちらから

加入手続BOOK関連申込はこちらから

学びBOOK関連申込はこちらから

新生活用品申込はこちらから

新入生メルマガはこちらから

Twitter

バイトについて

 

「あっちゃー、また浪費しちゃった。なんで金って使ったらなくなるんだろう…
やってらんねぇなぁ……」


 

「どうしたの? そんなに暗い顔して。そんな顔してるとヒキヒコ君の根暗な陰キャが
台無しになっちゃうよ!」


 

「むしろ最適な顔だよな。お前に根暗だと思われていたのが地味にショックです。
そんなことより、また趣味にお金使っちゃって貯金が無くなってしまってな。おかげでここ3日間は断食してるんだ…」


 

「へ~そうなんだ! 4日目も頑張ってね!」


 

血も涙もねぇな。あー、お金が欲しい!」


 

「どうしたどうした、そんなに大きな声出して。募金活動でもやってるのか?」


 

「あ、キョウコ先輩とマナブ先輩じゃないですか。いや、実はヒキヒコ君、趣味に浪費しちゃって食費がなくなってしまったらしいんですよ。3日間断食なんですって。」


 

「へ~そうなのか。4日目も頑張れよ!」


 

「人間の温かみを知りたい」


 

「断食など愚かな…ヒキヒコも、生活費はしっかり計画的に使わないとな。ところで、お前はお金がなくて困ってるんだな。なら、バイトして稼いでみたらどうだ? お前らバイトしてるか?」


 

「いや、してないです……ヒキヒコ君も当然やってませんし」


 

「まあ、まだやるには早いかもね。時間に余裕ができたら社会経験もかねてやってみるのも面白いと思うよ。ね、連勤術師さん」


 

「そうだな! どんな元素も金には変えられないけど、全ての労働は金に換えられる!それが連勤術師ってものさ。私は時間割的に余裕があるから5連勤6連勤っていう形でバイトに入ってるんだ。塾の講師に飲食店のホール、新聞配達に祭りのヘルプ、旅館業務と掛け持ちしてるけどどれも学校では味わえない達成感と責任感を経験できて、いい社会経験になってるよ」


 

「そのくせ、キョウコはGPA4.1だからただただ尊敬するばかりだね。といっても本来、バイトはあくまでも勉強の隙間時間でやることだから君たちはほどほどにね」


 

「なるほどなるほど……でもバイトってどうやって探すんですか?」


 

「僕は生協のバイト斡旋で探したよ。時計台生協ショップ前に常時、多数のバイトが掲示されてるからその中から探すと手っ取り早いかな。あとは自分でネットで検索したり広告を探したりと、バイト探しにはいくつか方法があるんだ。特に京都は学生がたくさんいるから学生を対象とした求人もたくさん出ているよ」


 

「ただな、今話題のブラックバイトも存在するから注意してな」


 

「プラスチックバット?」


 

「難聴なのか? 正規の給料が支払われなかったり、シフトを強要されたりすることだ。身体的にも精神的にも疲弊しちゃうし、なんてったって大学生活が疎かになってまうから、バイト選びは慎重にな」


 

「時給ってどのくらいなんですか?」


 

「それは職場によってまちまちだね。ただ、概して教育関連の方がほかの業種より時給は高い傾向にあるかな」


 

「自分のスケジュールに合った形で無理せずバイトするのが一番ですね!」


 

「よし、失った分を取り返すために早速探してみようかな。頑張るぞ!! (ぐ~お腹が鳴る)……ダメだ。腹減った、力がでねぇ。オラもうダメだぁ……」


 

「しゃーない、お前ら、私が稼ぎに稼いだ給料で何か奢ってやるよ」


 

「やった!!」


 

「これで今日も生き延びることができた」


まとめ

バイトは計画的に!

・大学に入ったらバイトして沢山遊ぶぞ!なんて思っている人も多いでしょう。確かにバイトは大学生にとってあこがれの経験であり、またキャンパスライフの一環になっています。京都には多くの職種から求人が出ているので、もし時間に余裕があるなら、ぜひ一回経験してみてはいかがでしょうか。ただし、シフトを埋めすぎて授業が疎かになることがないようにしっかり計画は立てましょうね。

求人探しは多種多様

・京都大学では生協が時計台生協ショップ前でアルバイトの斡旋をしています。常時多数の求人が出ているのでアルバイトを考えている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。また、ネットのサイトでも多くの学生を対象とした求人が出ていますので、是非自分に合ったバイトを探してみてください。中には京都ならではの、祇園祭を始めとした祭事に関われるバイトもありますよ。人生で一度しかないキャンパスライフで今しかできないバイトを是非楽しんでください!

ブラックバイトにご注意を!

・シフトに入ることを半ば強制される、辞めたくても辞めさせてもらえない、規定の給料が出ていないなど理不尽な状況を感じたら、それはブラックバイトかも知れません。その状況を我慢する必要は全くありませんので、少しでも違和感を感じたら、自治体の窓口や家族、知人に相談しましょう。輝かしいキャンパスライフを送るためにも、過度の労働には気を付けましょう。

京都大学近辺の相談窓口は以下の通りです。
京都労働局 075-241-3212  
http://kyoto-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/
京都下労働基準監督署 075-254-3195  
http://kyoto-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/kantoku/kankathu_thiiki/kijun02.html