2017京大生協新入生web

やったね袋請求はこちらから

加入手続BOOK関連申込はこちらから

学びBOOK関連申込はこちらから

新生活用品申込はこちらから

新入生メルマガはこちらから

Twitter

E科目について

 

「あ、ミオちゃん!」


 

「え、え、あ、マナブ先輩…!? ぐ、偶然ですね、どこに行かれるんですか?
(なんかいつもと雰囲気が大分違う……)」


 

「ご飯食べようと思って…、ミオちゃんお昼は?」


 

「ま、まだです。(なんなんだろう…なんか凄い女の子っぽいっていうか何ていうか…)」


 

「あ、そうなんだ! 一緒に行かない?ご馳走するよー」


 

「え、えぇ…嬉しいです! あ、ありがとうございます!ご一緒させていただきます。
(すごく気になるけど、とりあえずご飯食べれるみたいだしいいや……)」


 

「そういえば時間割作成は順調? そろそろ登録期間だと思うけど。
何か解らないことがあったらなんでも聞いてね」


 

「あ、えっと、ちょうどそのことで聞きたいことがあったんです…」


 

「なになに?」


 

「E科目ってのがよくわからなくて…。調べてみたら、その、英語講義なんですか? 私、英語とか聞いても全然わからないのに…どうしよう!? って…」


 

「まあまあ、落ち着いて。 ほら、ジャスミンティーでも飲んで」


 

「ごくごくごく…ぷはぁー!うまい! あ、すいません。 えっと…
英語って必修科目のリーディングとライティングリスニングで十分じゃないんですか!?」


 

E科目は『英語で学ぶこと』を目的としていて人社や自然などの各科目群として開講されるものだよ。外国語群の英語の授業と違って各テーマを英語で勉強する形式なんだ。だから専門用語なども扱われることが多々あるよ。他の講義より予習・復習が必要なこともあるかもしれないねー」


 

「なるほど……(何かいつものマナブ先輩っぽくなったな…)」


 

「だからしっかり受けないとダメー! 将来自分の専門分野について英語の論文とかも読むようになることが多いからね。そのための力をつけておかないと!」


 

「で、ですよね!! あ、E科目って種類がありましたよね、すきに選べるなら出来るだけ難しくなさそうなものにしたいな……(やっぱり先輩いつもと違う…!)」


 

「E科目にはE1~3の3つの種類があるね、でもミオちゃんたち1回生が受講できるのはE2科目だけなんだよ」


 

「えーっと、E2科目はさっき言ってた「英語で学ぶ」ものですか?」


 

「そうだよ。ちなみに、1は英語テキストの購読を中心的な内容とする科目で、3は英語スキルの向上を目的とする科目とされているよー」


 

「そうなんですね、…あっでもE科目の予備登録するの忘れてました! う~ん、どうしよう〜☆▲◇★◯…」


 

「E2科目に予備登録は必要ないから大丈夫だよ。でも人数制限がかかることもあるから教員の指示に注意しておこうね」


 

「あ、そうでしたっけ、よかったー。 そうだ、何かオススメとかありますか?」


 

 「んーとね、自分の興味の持てる分野がいいと思うよ!」


 

食べることについてとかないですかねー?」


 

「もう少し学術的なほうが…」


 

「じゃあ経済についてですかね。なんとなく経済って格好いいですし」


 

「食べることから急に飛んだね…それに理由もアレだけど……まぁいいんじゃないかな!
初回から授業に出るようにね、もしかしたら人数が多くて抽選になるかもしれないよ」


 

「わかりました! 色々教えてもらってありがとうございます!」


 

「いえいえ。ところで何かさっきまでの記憶が曖昧なんだよねー。というか昨日吉田山で採ったキノコ食べてから何か変な感じだったんだけど、僕何か変だった?」


 

「い、いや、特にいつもと変わりなかったですよ(キノコ食べて女の子っぽくなってたのか…)


 

「あ、そういえば何食べたいか聞いてなかったね。何がいい?」


 

「そうですね…オムライスが食べたいです!」


 

「あ、ちょうどいい! 家に卵がたくさんあって…僕料理が趣味だからさ、任せてー」


 

「あ、ありがとうございます(いずれにせよ私より女子力高い……)」


まとめ

E科目は英語講義と違って、英語を学ぶのではなく「英語で学ぶ科目」!

・外国語群の英語の授業と違って各テーマを英語で勉強する形式です。なのでその分野の専門用語なども扱われることが多くあります。
・人社群や自然群という分類になっていて単位もその分野の数となります。
・状況によっては人数制限がある授業もあります。

あわせて読みたい