2019京大生協新入生web

ひとり暮らしの準備

住まいが決まれば生活用品の準備をしましょう。

限られた時間で、ダンドリよく必要な準備をしていくにはコツがあります。

先輩保護者の失敗談も参考にしながら、それぞれのご家庭の事情にあわせて進めましょう。

よくある保護者の「失敗談」

  • 引越や家具、家電の配送日がいっぱいで、希望の日が取れず苦労した。(愛知県出身・理学部・男子保護者)
  • 京都は学生が多いため、3月25日~4月10日頃までは引越業者の確保が困難です。特に遠方の方は早めに。とにかく引越が大変でした。(兵庫県出身・経済学部・男子保護者)
  • 合格発表後、準備の期間が短く、安いところを探している時間がないため、割高になる。(東京都出身・農学部・男子保護者)
  • まずは一つでも注文し、配送便を確保してからゆっくり追加するという「裏ワザ」をあとで見つけ、もっと早く知っておけば、と後悔した。(大阪府出身・農学部・男子保護者)

京大生の新生活事情

■学生が多い京都の街

京都市内には数多くの大学があり、推薦などで早くから進学が決まった私立大学の新入生は、すでに1月、2月には住まいを決めています。そんな中、3月に入って住まい探し、生活用品の準備を始める京大生は期間も短く、どうしても遅れがちになります。

■3月末〜4月は引っ越しのピーク

学生だけでなく、3月末〜4月初旬は全国的に引っ越しのピークになります。単身者用の住まいや生活用品などが品薄になるだけでなく「荷物を発送するのに引っ越し業者の予約が希望日通りに取れなくて困った!」という声をよく聞きます。また、春の観光シーズンにあたるため、京都市内では引っ越しや配送のトラックも渋滞が発生します。

■京都での買い物事情

京都市には大型商業施設の出店規制があり、他都市に比べ市中に量販店やホームセンター、ショッピングセンターが多くありません。また、一方通行の通りが多く、駐車場も限られているなど、京都の地理や道路事情に不案内な方にとって、「車であちこち回って安い店でお買い物」は、現実には困難と言えるでしょう。

だから、京大生協の「生活用品カタログ」をご活用ください!

京大生協なら、

● 家具も家電も、同時に注文、配達!

● まずは配達日、配達時間帯を確保するため、まず1点申込!

● あとは追加申し込みすれば、まとめて配達

● 配達料は全国無料!

「生活用品カタログ」の詳細はこちら

大学生活準備センターもご利用ください!

大学生活準備センターなら、展示品を見て触って先輩学生アドバイザーに相談できます。

入居後の買い足しはショップルネ大学生活準備コーナーにご来店ください。

大学生活準備センターの詳細はこちら