2017京大生協新入生web

やったね袋請求はこちらから

加入手続BOOK関連申込はこちらから

学びBOOK関連申込はこちらから

新生活用品申込はこちらから

新入生メルマガはこちらから

Twitter

先輩保護者の体験から

合格前に決めました

■親の決めた物件を気に入ってくれるのか…。その前に親子で話し合って…。等々いろいろ考えましたが、2月の始めに本人と京都へ行って決めてきました。受験前でしたが、息抜きにもなり、気に入った物件を見つけたことでモチベーションも上がり、結果良かったと思っています。(愛知県出身・法学部・男子保護者)

■2/24試験前日に大学の下見も兼ね「合格前契約」をしました。そのあと引っ越しまで、京都に行く必要がなく金銭的にも準備面でも助かりました。受験前に「一人暮らしのイメージ」についてよく雑談していたので物件もスムーズに決まりました。(東京都出身・工学部・男子保護者)

合格発表が京都市内のほかの学校に比べて遅いので、生協で配布している「京大生の住まい(入学準備読本)」を早めに入手しておき、試験日には住まい探しの会場に足を運んで具体的な相談ができるよう準備しておく方が良いと思います。(徳島県出身・法学部・女子保護者)

合格後に決めました

■入試当日や前日に合格前予約に行列ができていて多少あせりました。しかし物件数は十分あると保護者説明会で聞き、実際合格発表後でもスムーズに探すことができました。(兵庫県出身・工学部・男子保護者)

■下宿探しがとても早い時期から始まるので驚きました。京都大学ともなると難易度が高いので合格発表から仮契約するのも勇気が要ります。幸運にも合格でき て下宿探しに出遅れた感がありましたが、合格発表後でもいくつか物件は紹介してもらえ”残り物には福がある”かもしれないので焦る必要はなかったなと思い ます。(三重県出身・工学部・男子保護者)

■共働きで土日しか動けない。しかも遠方のため合格発表後すぐに下宿探しに行けませんでした。でも、生協さんに行くと丁寧な学生さんがこちらの希望に沿っ た物件を案内してくださり、即決めることができました。合格発表後4日たっていてもよい物件にめぐりあえ、満足しています。(岡山県出身・法学部・男子保 護者)

■本当は受験時に住まい探しをしたかったのですが都合が合わず、合格発表翌日に生協で探しました。物件の数も豊富で何より学生さんが案内してくださったので大学生活のことや京都での生活のことをいろいろ教えていただけて良かったです。(兵庫県出身・農学部・男子保護者)

後悔&反省しています

■遠方なので住まい探しに行く余裕がなかなかなく、業者の事前申し込みを利用した。合格発表後では物件があまりない、予約も早くしないとなくなると言われて焦り、ネットの情報だけで物件を決めてしまったため、環境や設備等に違いが多く、後悔する結果になってしまった。やはり現地に行き、ちゃんと確認して決めた方が良かったと思っている。(佐賀県出身・法学部・男子保護者)

■生協の契約相談会で決めましたが、実施に京都で暮らしている先輩の声(便利な地域はどことか必ずしも電車の駅に近い必要はない)などの情報をもっと重く受けとめる事ができていればもっと早く決められたと思います。学生さんはとても親身になって相談にのってくださるので本音で条件をストレートにお話しするとよいと思います。(新潟県出身・法学部・男子保護者)

■「合格発表後に一緒に下宿探しをしたい」と本人が言うので、発表翌日に京都へ行きました。希望の物件が少なく、難航。何を優先させるか十分に考えておく必要があると感じた。本人は夢をかなえた大学生活のために色々希望もあったようだが、最後は親がリードして決めた。(静岡県出身・理学部・男子保護者)

■合格発表までは探す気になれず、(合否が分からないので不安でした。)発表後に生協へ。きちんと調べていけばよかったのですが、大まかにしか決めていなかったので、探すのに時間がかかってしまいました。どんどん物件がなくなっていくようで焦りました。是非早めの行動を。(兵庫県出身・工学部・男子保護者)

■本人は「合格してから探す方がいい」と言ったので、合格後に探したが物件をいろいろ見る余裕がなかった。結果、一件だけ見て即決したが、合格前にも(受験前)現地を見て回ったり、下調べをしていた方が良かったと思う。(兵庫県出身・教育学部・女子保護者)